銀行から商社へ転職、有利な点が多い?

金融自体を取り扱う仕事である銀行から、それを資本として取引する商社への転職を考察してみます。
仕事自体はお金の取引から、品物の行き来を中心とする事に変わる訳ですから「違う仕事」と言えるのはよく分かります。

有利な点などあるでしょうか。
品物の取引において確かにお金を動かします。それが商社であり、それを生業としています。
金額も取引するものによっては非常に大きくなり、お金という数字に強いという点は共通する部分でもあります。
逆に取引以外ではあまり共通していないようなイメージもありますよね。
ですが、もっと大きな共通点があります。

銀行の仕事には融資というものがあります。融資とは「見通せる力」が重要になり、欠かせない要素でもあります。
欠かせない要素ですから、銀行マンとして仕事をしていた経験で見通す能力を備えているならば商社に勤めたとして絶対的有利なスキルとして今後も活かせる事は間違いないと言えるでしょう。

商社ですから、取引には複数の隠れた因子を見抜き見通す必要があります。取引や取り扱う品がその後売れない可能性は十分にあります。
時代の流れや流行等ありますから必ずしも需要があるとは言えず売れないといった事はあり得ます。
商品開発等にも共通する部分でしょう。
商社ですから世の中に売り出す前の取引といった事も仕事としています。
それを売れるか否かを見通す事でその仕事を成功に導きます。

時代の流れや世の中を見通さなくては銀行もお金の動きを決める事は出来ず、更には融資をどうするかにも関係してくるでしょう。
銀行も商社も直接扱うものは違っていますが、時代や世の中の流れに左右されるところは同じである為、こういった部分の能力は共通であり持ち合わせると有利となる能力でもあります。

一見違った職種でも、共通する能力やスキルは他の仕事にも言える事です。
特に時代の流れが非常に流動的である昨今、こういった能力は生き抜く力としても重要となります。仕事は結果的に生死を分けたりもしますからね。
金融関係の仕事をしていた経験を持っているというのは非常に有用なスキルとなる事は間違いありません。

銀行の経験は金融・取引に関する仕事であれば他にも数多く活かせる面を持ち合わせているでしょう。銀行員として培ったキャリアをどうアピールするかが転職成功の分かれ道です。転職サイトだけでなく転職エージェントを利用して、職務経歴書や面接での自己PRに備えましょう。
転職サイトやエージェントの比較サイト:おすすめ転職サイト比較【ショクスタ】

比較的安定の銀行マン、辞めたい理由って?

公務員に次いで安定してきた職種として言えるのが銀行マンではないでしょうか。
そんな銀行マンが辞職を考える時どのような理由が浮かぶのか?を考えてみましょう。

非常に厳しい経済状況の時期を乗り越え、また日本は一定の安定を取り戻してきました。
銀行の金融プラン等も顧客に優遇されたものが増えてきました。
そこで働く訳ですから容易とはいかないものの、やはり仕事は安定していると思います。

ですがこの仕事、非常にややこしい一面があります。
銀行という仕事は全般にして「お金」に関わってきます。それは誰もが知る事実ですね。
ということは、やはり重要な仕事でありシビアな仕事でもあると言えるでしょう。
何故か?よくよく考えてみると、一つのミスも許されないという大きな課題を毎日乗り越えなくてはならないという仕事です。

毎日、お客様のお金を預かるなどしてやり取りしている仕事ですから、1円1銭まで毎日合わせている訳です。
お金が中心となって動く経済となっている現代では、毎日数多くの取引が行われます。それを担う中心が銀行であるといっても過言ではないでしょう。
1番にはお客との顔を突き合わせる事に加えてお金も絡むのですから仕事において気が抜けない時間が多いでしょう。
仕事によっては更に営業成績まで求められるのですから、精神的な面で追い込まれる部分が非常に大変とも予想できます。

あるデータでは一番の理由は営業成績とも言われています。銀行は特に皆が昇進を目指しての競争状態とも聞きます。
どういった仕事にもあり得ますが、銀行で働くには職場でも顧客先でも気が抜けない場面が多くなります。一番は人との関わりによるストレスが原因となってもおかしくはありません。
我々が銀行に行って快い対応を受けられるその裏側には大きな困難があっての事なのでしょう。客商売全般このような話もありますね。

周囲の人間からして「銀行を辞めたい」なんて聞いたら、贅沢な話と思うかもしれませんがやはり当事者にしか判別の仕様がない理由もあるという事です。
筆者が少ない想像力で考えてみても、やっぱり大変な事は分かる気がします。
毎日のように締め作業があるため、通常3時で閉まる銀行には納得します。大小含めた顧客のお金を扱う訳ですから仕事も大変でしょう。
加えて人間関係のストレスですから、少なくとも筆者には1日も勤まらないと断言できます。

銀行マンからのコンサルティング業へ転職の道

中年の転職として最近はコンサルティング会社への道が注目されています。それまでの職種による経験が必要にはなりますが。
今回は銀行マンからのコンサルティング業界への転職を考えてみましょう。

金融関係の中心にいた銀行マンですから、コンサルティング業では多く求められているようです。
金融ですから当然お金にまつわる仕事をしていたわけです。
ただお金を数えていた訳ではなく、やはり社会情勢を見越した仕事であった事は間違いありません。
ですからコンサルティングを行う上で先を見通す能力、さらにはそれがお金にまつわるのであれば尚良いでしょう。

コンサルティングを求める顧客としては、やはり一番多いのが金銭に関わるケースが多いのでしょう。時代柄こういった相談が多くもなります。
コンサルティング会社も様々ありますが、最終的にこういった会社を構えていれば金銭に関わる事が出てくるはずです。
ここでやはり過去に金融業、しかも銀行マンであったとなれば顧客からの信頼は仕事前からある程度生まれるでしょう。経歴としても箔が付きます。
実際の仕事でもコンサルティングに活かせるスキルや経験が多くあると思います。まあ、今の世の中それだけ人とお金の結びつきは多くなっているという事にも繋がります。
転職後も有利となる面は多数考えられます。

転職の年齢としても30代後半でのケースも多く、人間としても金融に関わってきた人間としても有意義な意見を出せる時期でもあります。
人の相談に乗る仕事となる訳ですから、やはり若輩者では中々難しいという事でしょう。
顧客への相談の多くは金銭に関わるものが多く、それらに的確とは言えずとも最良の回答を出せるには仕事を含めた人生経験は欠かせません。

金融を仕事の中心としてきた銀行マンがコンサルティングへの転職を目指すのであれば、その後にとても大きな糧を持って仕事に臨めるでしょう。
コンサルティング業という仕事は若干特殊とも言えます。お悩み相談の高品位なものとも言い換えられます。
どのような経験を持ち合わせているかも大きいですが、特に銀行マンであったのならば活かせる面が多くなるのは必至です。

経理から公務員へ転職は可能か?

どんな職種からもそうですが、結果から言うと年齢と時間さえ許せれば職種によって公務員への転職が不可能とはならないでしょう。
時代としても色々な職種からの転職者に目が向くようになりましたし、求められてもいます。

転職し易いかどうかは結局試験の難易度にもよるでしょう。難易度は当然受け手によって変わります。
経理という仕事はそれまでの経験でやはり数字と向き合う事が多かったと思います。

公務員への転職で他の仕事でもそうですが一番の課題は公務員試験と言えます。この事を考えると経理の仕事の経験を積んできた中で試験全般に有利となっているかは少々疑問です。
一般教養を含め、公務員試験には様々な試験が存在します。
こういった面にそれまでの経験が有利となる方が良いのは言うまでもないでしょう。
公務員への転職を考える上で試験は必ずその者皆に訪れる関門と言える為、それまでの経験が有利となるか否かは職種によっても差が出てくるでしょう。
経理の仕事からの公務員への転職は「試験対策」を見直す必要があるかもしれません。

面接・面談といった試験にも注意が必要でしょう。営業職等に比べるとお客様との応対は少なかったでしょう。電話応対の試験があればいいのでしょうがそうもいきません。
やはり直接人と面して話を出来る技術が養われる事を考慮すると、経理という仕事は公務員への転職となると不利であると言えるのではないでしょうか。

公務員となってからは職種により仕事内容は変わってくるでしょう。
しかし公務員試験において、どういった職種の公務員となるかは関係なくまずは「総合職としての試験」が最初の試験となっています。
民間の企業のようにその会社の将来のビジョン等は関係なく、一般総合に関連する面接が主となります。その中で経理時代の功績などのアピールチャンスも出てくるでしょう。

いかんせん、試験対策は皆同じかもしれませんがやはりそれまでの職種が試験に有利か不利かというのは差が出てくるでしょう。
経理と言う仕事からの公務員への転職は公務員専修学校への入学や転職エージェントへの相談は大きな鍵となる事は間違いありません。

銀行から転職して公務員へ

銀行マンとして数年、あるいは数十年。転職したい理由は様々あるでしょう。
銀行と言っても中には色々な職種があります。銀行の仕事全般に共通するのがやはり人間関係ではないでしょうか。
そういった理由からでも転職したいという理由には充分なり得ます。
銀行は一時期よりも潰れるリスクが格段に減った今でも転職を希望する人がいるという事は、やはり大変という事ですね。
公務員を目指す上で、銀行に数年なり勤めていたのであれば仕事としては問題ないと思われます。

転職で一番大きな変化をもたらすものはやはりお給料であると言えます。
まだまだ金融業界の収入は低くなったとは言えません。
ですから、銀行マンからいくら公務員への転職とは言え、お給料の減少は避けられない事を覚えておかなくてはなりません。
とは言えやはり何かの目的や理由を持っての転職を希望する訳ですから、転職による一定のデメリットを納得していると思います。
公務員を目指す上で必ず通らなくてはならない道が試験でしょう。金融関係の仕事をしてきた事を考慮すると、ある程度の試験に対する構えは出来ているでしょう。社会情勢にもさほど疎くはないと思います。
公務員試験となると特殊な試験内容もあります。それらはしっかりと情報収集しておく必要があるでしょう。中には暗号解読のような試験まであります。

一般的にはあまり見かけない試験内容となっているものもあり、いわゆる5教科プラス英語だけでは不足がちです。
面接については心配しなくても良いと言える程、それまでのお客さんとのやりとりをしてきたでしょうから、これは心配ないと思います。

先に書いた通りですが、社会情勢や一般常識というのは公務員試験だけでなく最近は特に民家を含めて把握しておく必要があります。
筆記試験に直接ではなくとも面接等では話題として出てくるため、試験全体を通して準備しておかなくてはならないでしょう。
特に最近は金融関係の動きが頻繁にある時代です。こういった情報を経験の中で得られてきたというのは銀行マンとしての強みでもあるでしょう。役得ですね。

銀行マンとして公務員を目指し転職を希望するのであれば、他の職種に比べると有利な面が多い気がします。

バンカー(銀行マン)の転職先とその後

さて今回はちょっと変わった?バンカー(銀行マン)の転職についてです。
「転職」ですから移籍ではありませんが、これについても少し。

地方銀行や信金、大手など銀行は様々です。バブル崩壊、就職氷河期、リーマンショックがひと段落し銀行の倒産なんてのも一時期は騒がれました。
伴ってそこに勤めるバンカーも職を失う事になった訳です。
銀行に勤めるなんて「そうそう潰れないから大丈夫だろう」と一般的な考え方でした。

不況という言葉が1998年ごろからハッキリと聞かれるようになり就職氷河期の訪れのころ、銀行の倒産も始まりました。
一部は譲渡などされましたが、やはりここで働いていたバンカーは失職を余儀なくされた訳です。
銀行だから大丈夫だとか、大手だから大丈夫なんて神話は崩れ去りました。バンカーを目指す時点でやはり大手の銀行に目が行ったりもしますが、中々うまくもいかないようですね。

話は変わり、本題の転職です。転職自体はその本人がどのような仕事にどれだけ熱意を持っているかによる為、どういった転職も可能となるでしょう。
ここでは類似職種についての転職を書いてみます。類似する職種としての括りは「金融業」となります。
元々金融業自体お給料は比較的高い業種です。どういった理由で転職をするのかも様々ですが、銀行にも色々な仕事があります。故に銀行とは言っても何の仕事をしていたかによります。

世間一般的にバンカーとしては事務仕事というイメージも強いのではないでしょうか。
ですが、転職の際大きな経験になるのはやはり営業です。この営業には融資や預貯金等があります。
個人宅や企業を回ってお客さんを集める訳ですが、やはりこういった時にもその人柄が大きく左右します。
生命保険等の営業にも共通していますが、お金を預けたり借りたりなんてそんなに多い機会ではないはずです。
そんな時一番に考えるのが相手の人柄や信頼になるでしょう。銀行の営業ではそういった部分の大きな糧や成長を得られるはずです。
転職してもこの「糧」は活きてくるでしょう。それを得られるのが営業といった仕事かもしれませんね。銀行から転職を考えるのであれば、バンカーとして何の仕事をしていたかは考えなくてはなりません。

転職先についてですが、やはりそれまでえた経験を活かすのであれば証券会社等の金融業界が妥当でしょう。中には地元に帰って農業を継いだなんて異業種への転職も聞かれますが本当に一部です。
昨今、金融商品が多く出回り結構昔に比べると関わりやすくなったように思えます。実際少額の投資なんてのも聞かれます。
バンカーとしての営業時代にもし成績がよく、ある程度お客さんも掴めていたのであればこういった証券会社でも大きな成果を発揮できるでしょう。
人生の転機になる程の大きな方向転換のような転職は本人次第によるところが大きいですが、バンカー(銀行マン)としての経験から転職を考えるならこういった流れになるのではないでしょうか。

辞めたくなる程の銀行のノルマとは

気になる銀行のノルマとはなんでしょうか。調べてみると色々あるようですが、一番は小口商品≒リテールという事のようですね。
銀行だって慈善事業ではないですから、利益を必要とします。ですが他と違うのは営業でも、何かを売ってそのまま売り上げになるとはいきません。
まして、金利や手数料が大きくてものすごい金額が動くなんてとんでもありません。そんな事されたら銀行を利用する大半の人はやっていけませんし、銀行も同じでしょう。
ノルマを話する上で銀行がどうやって利益を挙げているかも知っておかなくてはいけません。

簡単にいうと、扱う全てのお金からほんの少し手数料という形で頂いているものと、預かったお金の運用でやはり少しずつ頂いているというものがメインです。
そこから銀行の運営(お給料の支払い等)をやっているのですから、相当数の顧客がいなくては成り立たない事は分かるでしょう。

銀行のATMを利用して、今でこそ手数料無料なんてありますが時間外で一回108円というところでしょうか。時間外でなんて利口な方は利用しないでしょうから、大きな利益とはならないでしょう。
こういう事を重ねて収益を上げる訳ですから、顧客ノルマは果てしないものがあると言われますね。銀行の性質上仕方なくはありますが。

ですから、口座の開設や大小の融資、金融商品の販売等ノルマは多くなります。大きな金額を動かしても、それに対する手数料がメインですからそのまま大きな金額が帰ってくる訳ではありません。
毎月のノルマを営業担当がこなす事で銀行が成り立っているといっても過言ではないでしょう。
知り合いの銀行マンに聞くと、営業関係なく口座の開設者の紹介を迫られたなんて話も聞いた事があります。
それほどに銀行のノルマは厳しいのです。

辞めたくなる程の理由としては十分成立します。
銀行はノルマをこなせなくては人柄だけでは昇進はあり得ないといってもいい程、縦社会であり成績会社でもあります。
ノルマがこなせない→職場での立場が無くなる→endressとなっていきます。更には新たな仕事も与えられないという事もあるようです。

営業を考えると銀行だけではありません、銀行に勤める人間にとっては営業ノルマは銀行マン人生を左右する程の事であると言えます。

銀行を辞めたい理由は人間関係!?

どのような仕事においてもそうですが、自営でもない限り職場環境と人間関係はついて回ります。
仕事の辛さより人間関係の方が負担となっている方も多いのではないでしょうか。

銀行は特に完全縦社会である民間企業と言えます。ここが一番の人間関係が辛いとなっている部分でしょう。
学歴、役職等ステータスがものを言う職場であり階級を特に気にする職種です。田舎の銀行はそうでもない?とも聞きますね。

この内容を聞くと単純にギスギスした職場であると感じるでしょう。ここから辞めたい理由とする銀行マンがいるのは事実です。
仕事に何を求めるか、それは各々違うでしょう。目指した理由も違っています。人間関係の悪い職場で働きたいと思って飛び込む人間はいません。職種に関わらず。
何かを思って銀行マンを目指します。その過程で職場の情報なんて当然調べたり知るはずです。
ある程度の心構えをしていくのでしょうが、この人間関係を理由にするのですから、すべての銀行ではないかもしれませんがやはり余程厳しい環境にあるのかもしれません。

医療福祉の業種等もそうですが、どこに行っても常に人と関わらなくてはならない仕事は本当に気が抜けません。
信頼関係が気付けていなかったりすると常に誰かに監視されているような気にさえなります。
人間関係が難しいとは比較的多くの職場で耳にします。仕方のない部分もありますが、酷いところは社会人になってもイジメなんて話もまだあります。

人間関係の構築とは言いますが本当に難しいですね。それぞれ違う人間の集まりが会社という集合体です。
その中をしっかり統括していける人間がいればいいのでしょうが、その人も上を目指す自分の事しか考えていなかったのであればいち課員ではどうしようもない部分も絶対あります。
銀行という職場ではあり得る話でしょう。

そういった事情を鑑みれば人間関係を理由として辞職を考えるのは仕方のない事ではあります。一人の人間の努力には限界もあります。金融という職種はこういった特殊さを兼ね備えてしまっています。
これは今も昔も変わらないそうですね。

銀行はやはり仕事として責任の重さが一番でしょう。働く人間が悪い訳ではありませんが、仕事柄そういった部分(人間関係)に気が回せないという実情もあるでしょう。

銀行のリテールとは?辞めたい理由とは?

リテールいう仕事の内容から話さなくてはならないでしょう。リテールとは小売業を指します。いわゆる個人を相手とした商売となるでしょう。現在では幅広く使われる言葉です。
銀行におけるリテールとは小口融資や個人への資産運用等の商品の販売になります。銀行の営業では大きな一部でもあります。リテール部門として区分けされている程大きな仕事でもあります。
大手企業への商品営業ではないため、比較的単価が安く当然成績を上げる為には件数の確保が前提となります。この点は他の営業と共通する点が多くありますね。

銀行のリテールが辞めたい理由と書きましたが、独自の理由という訳でもなくやはり他の営業職と共通した部分も多くあるでしょう。
加えて言うなれば、お金に直接関する商品である為営業による件数は更に難しさがあるとも言えます。
資産運用というものはまだまだ日本では浸透しきれていない部分がありますから、飛び込んで営業してもそうそう新規客の獲得とはなりにくいでしょう。銀行口座を開設するのとはちょっと違います。

やはり辞めたい理由として一番は営業の難しさという事でした。他の営業にあるようにルート営業はあまり通用しません。
とは言え、新規客の獲得は難しいとなると成績はどうやっても停滞時期がやってきます。リテールは年に何回来るかわからないこの停滞時期をどう乗り越えるかがツボでもあると言えます。

情報の収集や紹介、信用の獲得が非常に成績を左右すると言えます。個人向けの商品と言うのは、実は毎年全ての銀行から一つは新商品として出ているようです。
でもそれを身近に聞いたとか、買ったなんて話を聞く人の方が少ないでしょう。これは前述の通り日本では浸透率の低さもあります。お金もそうそう持っている訳ではありませんからね。
こんな状態でそれでもリテールという職業の方は営業成績を挙げているのですから、日本の経済もまだまだ未来はあるのでしょう。

企業相手の大口となれば、相応に大変さもあるでしょうが件数あたりの単価が大きくなる為件数はリテール程求められないとも聞きます。
一件当たりの仕事量が大きくもなっていますが、複数の人間で担当となるケースが多いようでやはり仕事自体に対する負担は減るのかもしれません。
比べるとリテールは小さな難しい仕事をコツコツという部分が大半である為、うまくいかない事の方が多いようですね。
当然辞めたい理由としては一番になるでしょう。

銀行のテラー(窓口業務)を辞めたい!その理由とは?

銀行に行くと本当に心地よい笑顔で対応してくれるテラーという仕事があります。表題の通り窓口業務全般を指します。
最近では地方の銀行に行っても、窓口の前に対応してくれる案内係を置いている銀行も少なくありません。
受け答えや笑顔、その他の何を見ても銀行のサービス業としての位置付けは高い位置にあると言えるでしょう。
当然かもしれませんが、やはり人のお金を預かる立場にある訳ですから信用を得る為の窓口としての責務もあります。
金融商品は多々ありますが、このテラーの対応で銀行を決める人も少なくないはずです。

テラーは正直大変の一言に尽きる仕事でしょう。最近はドラマにもなっていましたが本当に大変な仕事のようです。
お金のやり取りを直接お客様と行う仕事になるので、当然金額の確認にかける時間には限りがあります。
この「お金」が非常に厄介です。銀行には様々な理由でこのお金を持ち込みます。そしてそれに関わる取引は多種多様な方法があります。
それを限られた時間で営業時間内いっぱいにこなさなくてはなりません。月末等忙しさには差があるでしょうが、これには何時なんて分かりかねます。お金は毎日動いている訳ですから。

そしてテラーはこの仕事全てに「笑顔」で対応する訳ですから、常に気が抜けない仕事と言えます。
駆け引きにこの笑顔にはストレスが多くかかるのは言うまでもないでしょう。

華やかな仕事とも見えるテラーですが、やはり仕事に追われその仕事には人との応対も含まれます。
仕事の全般が限定的な状況では余程の忍耐が必要となってきます。数字も対応も間違いには大きな代償が付いてくるわけですから。代償とはズバリ銀行の信頼です。

他にも信頼にかかる部分はあると思いますが、テラーは常にお客様の目に晒されます。そのため責任は大きく、前述の通り代償も大きくなるでしょう。
同時にプレッシャーも大きい訳ですから大変な仕事であると事はよく分かります。

あるテラーに対するアンケート調査を見ても、一番は人の応対が一番ストレスを感じるというデータもあるようです。
数字やお金には種類は多くてもある程度パターンがあるでしょう。しかし、人間相手は常に十人十色であり毎回変化を繰り返します。
パターンなんて無くテラー自身が柔軟な対応をするしかないのです。

サービス業は他種ありますが、このテラーとはやはり大変な仕事ですね。